イボ痔になる原因とは?

イボ痔になる原因とは?

イボ痔になる原因とは?

イボ痔になる原因とは?イボ痔になると大変ですし落ち込みますが、治るトラブルです。

 

まず、治すためにはイボ痔になる原因を知ることが大切です。

 

市販薬でできてしまったイボの治療になりますが、根本的に治すためには原因を知り、改善していく必要があります。

 

根本的な原因は、肛門周辺の静脈がうっ血し静脈瘤になることです。直結するのはこれですが、そこに至るまでの原因はさまざまです。

 

長時間座っているor立っている
デスクワークやドライバーなどの長時間座っている仕事や、反対に立ちっぱなしの仕事をしている方は、その姿勢が原因にあたります。長時間同じ姿勢であることが血行不良を招き、イボ痔になることがあるのです。

 

便秘
もっとも多い原因とされているのが、便秘です。便秘になると便の排泄に時間がかかります。腸内で便が硬くなっていくので、排泄する際に強くいきむことになります。

 

このようにいきむことによって、肛門を傷つけてしまいます。さらに便が出る際にも肛門が傷ついたり、内出血が起きることがあります。

 

食生活
食生活が乱れていると腸内が乱れ、便秘や下痢になることでイボ痔を誘発することがあります。また、辛い物やアルコールなどの刺激物の摂り過ぎもひとつの原因になります。

 

睡眠不足
睡眠不足は体や生活のリズムを乱すため、排泄のリズムが乱れるなど身体全体のバランスが崩れることによってイボ痔の要因になります。

 

ストレス
過度のストレスは身体の免疫力を低下させ、小さな傷からも便の細菌に感染することで炎症し、イボ痔ができることがあります。免疫力は過労によっても低下するため、ストレスとともに過労も原因と考えてください。

 

妊娠
女性の場合は妊娠と出産がキッカケでイボ痔になることがあります。産後の体質の変化や、出産時にいきむことが原因でイボ痔になることがあるのです。

 

このように、イボ痔になる原因はさまざまです。生活習慣が関係していることが多いので、根本的に完治させるためには生活習慣を改善する必要もあります。

▲TOPへ戻る