産後にイボ痔になる理由

産後にイボ痔になる理由

産後にイボ痔になる理由

産後にイボ痔になる理由痔には切れ痔やイボ痔などの種類があり、原因も個人差があります。長時間座っている仕事なども影響します。

 

イボ痔になるキッカケの原因はさまざまです。

 

直接的な原因はひとつですが、多くが便秘が原因とも言われているのですが、女性の場合は特有の原因があります。

 

それは、「妊娠」です。

 

女性の場合は妊娠や出産によって、イボ痔になることがあるのです。妊婦さんの多くが体質などの変化が出ますが、このひとつとしてイボ痔になりやすいとされています。とくに産後に、イボ痔になることがあります。

 

なぜ産後にイボ痔になるのかというと、理由はいくつかあります。まずひとつは、産後の体質の変化です。産後は妊娠前に比べて体質が変わることが多いです。そのため、血行が悪くなりイボ痔ができやすくなることもあります。

 

そして、出産時に「いきむ」ことです。よく便秘で痔になるといいますが、これもいきむことが肛門を傷つけるためにイボ痔になります。出産時は便秘とは比べものになりません。一気にいきみますから、その際に肛門が傷ついて痔になることはあります。当然ながら、決して恥ずかしいことではありません。

 

どちらにしても産後のイボ痔は、治療も簡単ではありません。というのも、産後の体質の変化や、授乳への影響の点です。内服薬や外用薬で治療することになりますが、薬は授乳中に影響することがあるため、安易に薬を使用するべきではありません

 

副作用のリスクもありますから、自己判断でするべきではありません。まずは産婦人科医に相談し、授乳中でも使える処方薬などについて相談しましょう。

 

また、妊娠中にイボ痔になることもあります。とくに妊娠後期から臨月にかけては、胎児の成長とともにお腹が大きくなり、負担がかかることや女性ホルモンの変動で便秘になることなどもキッカケになります。

 

どのような場合でも、違和感や痔になったときには担当医に相談しましょう。

▲TOPへ戻る