イボ痔の種類とは?

イボ痔の種類とは?

イボ痔の種類とは?

イボ痔の種類とは?痔には切れ痔やイボ痔などの種類がありますが、イボ痔はさらに種類があり2つに分類されます

 

『内痔核』
肛門の内側にできるイボ痔のことです。内側にイボができるので触った感じでも分かりませんし、違和感がありません。そのため気づきにくく、激しい痛みが発生してやっと気づくケースが多いです。また、気付かないうちから悪化し、イボが内側から飛び出すこともあります。

 

『外痔核』
肛門の外側にできるイボ痔のことです。内痔核とは反対に、外側にできるので触っても分かりますし、座ったときなどにも違和感があります。すぐに触れる部分にありますから内痔核に比べて痛みなどに敏感で、日常生活に影響しやすいものです。

 

以上のようにイボ痔には種類があります。

 

どちらかというと外痔核の方が分かりやすく症状も出やすいのですが、内痔核にせよ悪化すると、高熱や突然倒れることもあるのでご注意ください。

 

排便時に痛みや血が出るなど違和感をおぼえたら、イボ痔の可能性を考えて治療も検討しましょう。

▲TOPへ戻る