イボ痔で手術する場合

イボ痔で手術する場合

イボ痔で手術する場合

イボ痔で手術する場合イボ痔になると、痛みや出血などの症状があらわれ日常生活に支障が出ます。

 

肛門の外側にできる外痔核で、初期段階なら塗り薬や飲み薬などで治療し、治すことができます

 

また、繰り返さないために生活習慣を改善することが基本の治療です。

 

しかし、内痔核や、症状が悪化すると手術が必要になってきます。治療法は症状や医師の判断によりますが、今回は手術をすることになった場合を前提に、手術療法について見ていきたいと思います。

 

イボ痔の手術にも、いくつか種類があります。

 

『PPH法』
神経を傷つけずに肛門の外に出ているイボ、つまり痔核を持ち上げて元に戻すようにします。痔核に関わる血管を遮断することにより、うっ血もひき、痔核自体も小さくなっていきます。切除系の手術ではないので、術後の痛みも少なくおさまります。
『ジオン(ALTA)注射療法』
文字通り、注射による手術療法になります。内側から飛び出したイボに、細い針を差し込んで薬を投与し、イボが出てこないサイズまで小さくします。

 

注射する部分も痛みも感じない部位ですし、痛みも少ないです。注射療法は従来の痔の注射治療を改良した新しい薬を使っています。

 

事前に検査を行い、この治療法が良いかを判断することになります。また、まれに術後は吐き気や発熱、出血、違和感などの症状が出るため、その場合は安静しましょう。

 

『レーザーメス』
レーザーの照射を用いた手術療法です。従来は電気メスを使用していたところをレーザー光線に変え、痔を切除することになります。ちなみに縫合しなくても自然治癒します。

 

従来は入院期間が長かったのですが、この方法は日帰りで行える画期的な治療法になっています。

 

基本的に軽度であれば手術は必要ありません。重度でも手術以外の治療法もあるのですが、必要なら手術も検討するべきです

▲TOPへ戻る