イボ痔の治療法

イボ痔の治療法

イボ痔の治療法

イボ痔の治療法イボ痔は痛みや出血などの症状が出るものです。

 

座るだけで痛いくらいですから、日常生活に支障も出ます。

 

長時間座っているデスクワークやドライバーの仕事は大変になりますし、プライベートにも影響が出ます。

 

しかし、イボ痔であることをなるべく周りには知られたくないものです。一人で秘密を守りながら、治療することは不可能ではありません

 

症状が軽度で、外痔核なら自宅で治療することも可能です。

 

まずできてしまったイボを治すためには薬の力が必要になります。軟膏などの塗り薬他、体の中から治すという方法で飲み薬も利用すると、イボ痔を治していくことができます。

 

血行不良もイボ痔の原因になり、患部を温めて血行促進すると完治を目指すことも可能です。ぬるめのお湯で入浴したり、カイロなどをあてて温める方法もあります。

 

また、食生活の改善や睡眠不足の解消、ストレス対策といった生活習慣も整えることで、根本的なイボ痔の治療になります。このように自宅でできる治療法もあります。イボ痔になったときは早めに治療を始め、生活も改善していきましょう。

 

イボ痔の病院で治療する場合

イボ痔は専門の病院で治療する方法もあります。イボ痔になると、日常生活に支障が出ますし、我慢できない痛みなどの症状があり、重度の場合には、やはり病院での治療が必要になることもあります。

 

病院での治療法にはいくつか種類があります。

 

硬化療法
「硬化療法」では、注射を用いて患部を硬化させ、壊死させる方法になっています。痛みも少なく、短時間で済みます。
レーザー治療
「レーザー治療」では、レーザー光線によってイボを除去するのですが、医師の腕にもよりますから実績のある医師のもとで治療しましょう。
ジオン注射(消痔霊治療)
「ジオン注射(消痔霊治療)」では、注射により痔核そのものを小さくします。身体の負担は少ないのですが、効果が出ないこともあります。ただし、脱肛には有効です。
結さつ療法
「結さつ療法」では、輪ゴムのようなもので患部を締め付けて壊死させる方法になっています。基本的に入院をして治療する方法になります。
ICG併用半導体レーザー療法
「ICG併用半導体レーザー療法」では、内痔核に適切施術できる方法になっています。ただし、比較的新しいレーザー治療で、症例が少ないとされています。
PPH法
「PPH法」はも比較的新しい方法であり、改善率は高く出血や痛みも少ないのですが、完治させる方法ではありません。
半閉鎖法
「半閉鎖法」では、結さつ療法と似ていますが、そのデメリットがない方法です。ただし、こちらは手術になります。

▲TOPへ戻る