イボ痔の治し方

イボ痔に効くおすすめ市販薬ランキング★

イボ痔に効く!「市販薬」情報ガイドライン

イボ痔に効くおすすめ市販薬ランキング★イボ痔になると、ソファや椅子に座るだけでもツライものです。

 

ただ、人には相談しづらいトラブルですよね。また、できたら病院で診てもらうのも避けたい…。

 

病院に行く暇もないという方に向けて、当サイトではイボ痔に効く市販薬を調べてみました。

 

なお、イボ痔の関連情報もまとめているので、ぜひご活用ください。

イボ痔になる主な原因とは?日常生活にアリ!

イボ痔に効くおすすめ市販薬ランキング★まずはじめに知っておきたいことが、イボ痔の原因です。

 

なぜ、イボ痔ができるのか。その原因を知らないと、治ったとしても繰り返してしまうので知っておく必要があります。

 

イボ痔になる原因は主に日常生活にあり、大きく分けて4つ考えられます。

 

第一に「長時間椅子に座っていること」です。たとえば、デスクワークの方が当てはまります。長時間にわたって椅子に座り続けることで、血流が悪くなり、イボ痔もできやすくなります。女性の多くがこの原因に当てはまるそうです。

 

次に「便秘」です。実際には、長時間椅子に座っていることよりも、便秘によってイボ痔になるケースが多いとされています。便秘が慢性化すると、便が硬くなる分、排泄するためにきばります。やっと出たと思ったときには、スッキリ感とともに、イボ痔ができやすくなってしまうのです。

 

また、イボ痔ができている場合にも便秘になっていると、悪化することがあります。

 

「食生活」も関係しています。食生活が乱れていると腸内環境が悪くなります。そこから便秘や下痢になり、イボ痔になりやすくなってしまいます。また、辛い物などの刺激物の食べ過ぎは肛門に排便の際に刺激を与え、お酒の摂り過ぎもイボ痔や今あるイボ痔を悪化させることになってしまいます。

 

そして、「睡眠不足」もよくありません。睡眠不足になっていると体のリズムが乱れて、便秘などの原因にもなります。

 

原因からみると、長時間椅子に座るときにはお尻に負担をかけない座布団を使用するなどの工夫をしましょう。とくに腸内環境が影響するので、便通を改善していき、睡眠不足も改善することによって、イボ痔を根本的に治し繰り返さない方法となります。

イボ痔の種類とは?

イボ痔に効くおすすめ市販薬ランキング★イボ痔には大きく分けて「内痔核」と「外痔核」という種類があります。

 

それぞれでき方や症状にも違いがあります。

 

まず、「内痔核」は、肛門の歯状線より内側にできるイボ痔のことで、直腸のすぐ下あたりにできやすいとされています。

 

主に便秘や長時間椅子に座っていること、出産などが原因で起こります。こうしてできたイボ痔は、痛みの症状はほとんどありませんが、出血や脱出(肛門から飛び出ること)により発覚します。

 

出てきたイボ痔は押し戻そうとしてもできないので、早めに病院に行くなど正しい処置が必要です。

 

一方の「外痔核」は、内痔核とは反対に肛門の歯状線より外側にできるため、すぐ気付きやすいのが特徴です。

 

血栓性外痔核と呼ばれる血の塊のようなものができることも特徴のひとつです。激痛や腫れの症状があり、さまざまな原因で発生します。

 

いずれにしても、イボ痔は治療薬などによって治すことができます。ただし、原因を突き止め、それを改善しない限りは繰り返すことになるので注意してください。根本的に治すためには、生活習慣の改善が必至です。

イボ痔に効く市販薬ランキング

ピーチラック

イボ痔に効くおすすめ市販薬ランキング★


ピーチラックは、イボ痔やキレ痔に効く第2類医薬品です。東洋医学の漢方薬であり、「乙字湯(おつじとう)」という漢方を使用しています。


漢方薬であることがポイントです。ピーチラックは正式には「本草乙字湯エキス顆粒-H」と言います。


当帰(トウキ)・柴胡(サイコ)・升麻(ショウマ)・黄?(オウゴン)・甘草(カンゾウ)・大黄(ダイオウ)という6種類おn生薬が使われています。


一般的にイボ痔には塗り薬の洗濯しもありますが、ピーチラックは以上の漢方の力により、体内から治すことを目的にしています。便秘解消や脱肛にも有効性のある漢方を使用しているため、体質改善にもなります。


よくある塗り薬などは応急処置用ですが、ピーチラックはそこが違います。根本的に治すために有用性があります。


価格 初回1,980円

公式サイトへ

ボラギノール

イボ痔に効くおすすめ市販薬ランキング★


ボラギノールは、一般的にテレビCMでもおなじみの定番のイボ痔の医薬品です。ボラギノールシリーズにはいくつか種類があります。


ボラギノールAシリーズはイボ痔の痛みや腫れ、出血に効くタイプであり、注入軟膏や坐剤、軟膏があります。ステロイドを配合した第2類医薬品になります。


ボラギノールMシリーズは坐剤や軟膏タイプでステロイド非配合タイプの第2類医薬品で、イボ痔の痛みとかゆみに有効です。


内服薬もあり、「ボラギノールEP」「ボラギノールA」があります。それぞれ有効成分が配合されていて、体内からのイボ痔の薬になります。


症状に応じて使い分けてみてはいかがでしょうか。ドラッグストアでも購入できますが、通販でも販売しているのでチェックしてみてください。


価格 約700円〜

公式サイトへ

プリザエース

イボ痔に効くおすすめ市販薬ランキング★


プリザエースは、大正製薬が販売している医薬品です。いくつかの商品があります。プリザエース坐剤T・プリザエース注入軟膏T・プリザエースS坐剤。いずれも外用薬であり第2類医薬品になります。


プリザエース坐剤Tは、塩酸テトラヒドロゾリンによる痛みの抑制とリドカインによる出血の抑制作用、さらい炎症を抑えるヒドコルチゾン酢酸エステルを配合しています。


プリザエースS坐剤はヒドロコルチゾン酢酸エステルなどの炎症に有効な成分を配合しています。このように3種類の商品をラインナップしているので、個人差のある症状に合わせて使い分けいただけます


価格 約1,000円〜

公式サイトへ


リシーナ

イボ痔に効くおすすめ市販薬ランキング★


リシーナは、ロート製薬の医薬品になります。まだ知名度が低いので口コミが少ないのですが、リシーナもシリーズがあります。メンソレータムリシーナ軟膏A・メンソレータムリシーナ坐剤A・メンソレータムリシーナ注入軟膏A。


イボ痔や切れ痔、裂け痔に、痔の痛みや腫れ、かゆみ、出血といった症状に有効な第2類医薬品になります。消毒にもなるのが特徴です。


酢酸ヒドロルチゾンや酸化亜鉛、l-メントールなどの腫れなどに効く成分や、麻酔効果おあるアミノ安息香酸エチル、リドカイン、ビタミンE誘導体や酢酸トコフェロールといった成分が配合されており、イソプロピルメチフェノールが殺菌作用によってイボ痔に効き目があらわれます

価格 約800円〜

公式サイトへ


G4・L(ジーフォーL)

イボ痔に効くおすすめ市販薬ランキング★


ジーフォーLは、佐藤製薬の注入軟膏です。第2類医薬品にあたります。その他に、ジーフォーL坐剤やジーフォーL軟膏があります。また、飲み薬タイプの内服用ジーフォーも用意されています。


外用薬はイボ痔のかゆみや腫れ痛みの症状に効くリドカインやプレドニゾロン酢酸エステル、ただれなどの症状や粘膜を正常にするアラントインなどが使用されています。


価格 約1,000円〜

公式サイトへ


オシリア

イボ痔に効くおすすめ市販薬ランキング★


オシリアは、最近知名度も高くなってきた医薬品です。小林製薬が販売している軟膏タイプの第2類医薬品になります。


肛門のかゆみに効くタイプであるため、特別にイボ痔用ではありません。その点にご注意ください。切れ痔の腫れやかゆみなどに有効性があります。


ヒドロコルチゾン酢酸エステルやリドカイン、ジフェンヒドラミン塩酸塩などの有効成分が配合されています。


とにかく今ある炎症や腫れ、我慢できないかゆみを抑えたい方に向いています。


価格 約900円〜

公式サイトへ


 

イボ痔に「ゲンタシン、ワセリン、オロナイン」は使える?

イボ痔に効くおすすめ市販薬ランキング★イボ痔になると個人差はありますが、痛みなどの症状が出ます。

 

激しい痛みや炎症、かゆみなどが出るとどうにも我慢できず、日常生活に支障が出るものです。

 

運転もできなくなりますし、長時間椅子に座っている仕事ですと、仕事にも影響が出てしまいます。

 

そのような症状を抑える方法として、塗り薬を使う方法があります。一般的に有名な軟膏では、「ゲンタシン、ワセリン、オロナイン」といったものがあげられます。ご家庭でもストックされている家庭も多いかと思います。

 

これらは、イボ痔に効くのでしょうか。その点について今回は見ていきたいと思います。

 

まず「ゲンタシン」は、ステロイド軟膏になります。ステロイドが配合されているため効き目も高いのですが、価格も高めになっています。症状に対して効き目がありますが、応急処置としては使えます。

 

次に「ワセリン」は、第3類医薬品の保湿クリームになります。切れ痔の傷口の保護にも使えるなどのメリットがありますが、イボ痔の症状に効き目は期待できません

 

最後に「オロナイン」は、有効成分にクロルヘキシジングルコン酸塩液を使用した第2類医薬品です。ひびわれやあかぎれ、しもやけ、切り傷などに効く軟膏です。出血を抑えたり、消毒の作用があるのでイボ痔の初期段階なら効き目が期待できます

 

まとめると、いずれも応急処置としては使えます。とくにゲンタシンやオロナインが有効です。ただし、いずれもイボ痔のための軟膏薬ではありません。この点に注意してください。

 

あくまで応急処置としての使用にとどめるようにしましょう。

産後・授乳中はイボ痔の薬を飲んでも平気?

イボ痔に効くおすすめ市販薬ランキング★女性は椅子に長時間座っていたり便秘の他に、妊娠することでイボ痔になることがります。

 

妊娠している間に体質がかわって便秘になることもありますが、とくに産後にイボ痔になることが多いのです。

 

赤ちゃんを産む際に、強くいきます。このため、イボ痔ができることも多いです。

 

また、産後に体質がかわりイボ痔になることもあります。イボ痔には、肛門の内側にできる内痔核と外側にできる外痔核という種類がありますが、いずれもイボ痔に変わりありません。

 

通常なら、上記で紹介している市販薬でイボ痔を治すことができます。しかし、産後になると問題があります。それは、体質の問題と授乳です。

 

授乳中の場合は、妊娠中と同様に口にするものや身体につけるものには気をつけないとなりません。赤ちゃんにも影響しますから。そのため、一般的にはすすめられる市販薬も、産後のイボ痔にはおすすめできません

 

もしもイボ痔になった場合は、産婦人科の担当医や専門の病院で診てもらいましょう。産後や授乳中であることを伝えると、その場合でも利用できる薬を処方してもらうことができます。

 

一般的に処方されるのが「ポステリザン軟膏」や「サーカネッテン錠」です。

 

塗り薬の「ポステリザン軟膏」は、注入タイプもあります。主成分に大腸菌死菌浮遊液やヒドロコルチゾンを使用しており、抗炎症作用でイボ痔を治します

 

また、飲み薬の「サーカネッテン錠」は、パラフレボンやセンナ末、イオウや酒石酸水素カリウムを使用しており、イボ痔の炎症を抑える働きがあります。ただし、センナは下痢になる原因にもなるので使用上に注意が必要になります。

▲TOPへ戻る